タクシー運転手が受ける地理試験とは何か

横浜のタクシー運転手になりたい方はたくさんいるでしょう。ただ、横浜のタクシー運転手になるには、地理試験を合格しなければなりません。今回は、地理試験を必要とするエリアや試験内容、地理試験対策への勉強法を解説します。まず、地理試験を必要とするエリアは下記の通りです。

東京都:23区、武蔵野市、三鷹市
神奈川県:横浜市、川崎市、横須賀市、三浦市
大阪府:大阪市、池田市、箕面市、茨木市、高槻市、豊中市、吹田市、守口市、門真市、泉大津市、和泉市、忠岡町、摂津市、島本町、東大阪市、八尾市、堺市、高石市、

次に、試験内容についてです。試験内容の構成として、基本問題と応用問題で分かれています。基本問題は、地図上の主要幹線道路や主要施設を回答する内容です。応用問題は、基本問題の内容以外となります。主要となる施設と市区町村、駅との関係を問うもの、輸送の安全を問うものなど様々です。最後に、地理試験の勉強方法についてです。問題集を演習することは大切ですが、実際に幹線道路やスポットなどを意識しながらドライブも良い勉強方法になります。また、タクシー会社に地理試験対策の研修があれば、これを使い勉強するのも1つの手です。まとめとして、今回は地理試験について解説しました。今回の記事があなたにとって参考になれば幸せです。