タクシー運転手には必須!二種免許の学科試験・技能試験について解説

横浜のタクシー運転手になりたい方はたくさんいるでしょう。ただし、タクシー運転手になるには、二種免許の学科試験・技能試験を合格する必要があります。今回は、二種免許の学科試験・技能試験について解説します。

二種免許の学科試験は一種免許と比べて、問題内容も難しくなります。しかし、一種免許取得の時に学んだ基本的な運転知識を再確認する内容が大半で、二種免許ならではの問題は5問ほどです。このため、第一種免許取得時の知識を確認して、勉強し直す方がよいでしょう。合格者の傾向として、第一種免許を取得していれば難しくありません。ほとんどの受験者が合格しています。
次に二種免許の技能試験は、学科試験同様第一種免許よりも難易度が高いです。内容としてt鋭角コースや旋回、縦列駐車か方向転換などの技術が問われます。合格者の傾向を見るに、運転技術に自信がある方は苦労するそうです。このような方は、自分なりの運転方法やクセがつい出てしまうため、減点対象となり不合格となるケースが多いからです。第一種免許取得時に学んだ運転技術を見直しておきましょう。

まとめとして、今回は二種免許の学科試験・技能試験について解説しました。今回の記事が参考になれば幸いです。