タクシー運転手の勤務形態について解説

横浜のタクシー運転手になりたい方はたくさんいるでしょう。ただ、その中にはタクシー運転手の勤務形態を知らない方もいると思います。今回は、タクシー運転手の勤務形態について解説します。乗務員の勤務形態には一般的に「昼日勤」「夜日勤」「隔日勤務」の3つの働き方があります。1つ目の昼日勤は、勤務時間は8時間で、休憩1時間、朝7・8時から夕方16・17時までのスケジュールを組む会社が多いです。利用者は、通勤のサラリーマンや住宅街から病院に向かう方が多く、早朝の時間帯は売り上げが高くなります。

このことから収入も高くなりやすく、労働時間もサラリーマンと変わらないことから、昼日勤は人気の求人となっています。2つ目の夜日勤は、夜間勤務で昼日勤と違う時間帯での勤務です。利用者は、繁華街に向かう方や終電を逃した方が多く、夜間の時間帯も売り上げが高くなります。また、通常タクシーには深夜割増料金が発生するため、収入も高くなりやすく昼日勤同様、人気の求人です。3つ目の隔日勤務は、昼日勤と夜日勤を連続でこなす勤務形態で、勤務時間は20時間程度休憩時間は3時間となります。出勤日である「出番」、仕事が終わった後が休みになる「明番」を繰り返した後、一日休みになる「公休」というローテンションで回していきます。まとめとして、今回はタクシー運転手の勤務形態について解説しました。今回の記事が参考になれば幸いです。