運転手がなりやすい高血圧を予防する食事や生活について解説

運転手がなりやすい高血圧を予防する食事や生活について解説

横浜のタクシー運転手になりたい方はたくさんいるでしょう。ただ、タクシー運転手は高血圧になりやすく、重病の発症につながります。今回は運転手がなりやすい高血圧を予防する食事や生活についての解説です。

まず、高血圧を予防する食事として挙げられるポイントが4つあります。1つ目は塩分制限です。1日6g未満に設定しましょう。大体の食品には塩分含有量が書かれているため、確認することができます。2つ目は糖質制限です。糖質は大半の食品に含まれていますが、特に多くの糖質を含む穀類や菓子などの食品は控える必要はあります。3つ目は、栄養のバランスを整えることです。主食と主菜と副菜を毎食食べましょう。4つ目は、アルコール飲料を控えることです。アルコール飲料は飲みすぎると、血圧上昇・肥満の原因になります。飲酒は医師と相談し適量にしましょう。高血圧は命に係わる重病への伏線・兆候となる症状です。血圧は自己管理できるもののため、日ごろから自分の血圧を確認しておきましょう。早期発見が重病防止への第一歩となります。また、タクシー運転手は、勤務形態の関係で偏りのある生活リズムを作ることが難しいです。このため、日ごろの食事に気を付けることが重要になります。健康を維持できるように心掛けましょう。

まとめとして、今回は運転手がなりやすい高血圧の実態について解説しました。今回の記事が参考になれば幸いです。

おすすめ記事