運転手がなりやすい高血圧の実態とは

運転手がなりやすい高血圧の実態とは

横浜のタクシー運転手になりたい方はたくさんいるでしょう。ただ、タクシー運転手は高血圧になりやすい傾向があります。今回は運転手がなりやすい高血圧の実態について、原因や症状を解説します。

運転手がなぜ高血圧になりやすいか、その原因は運転時から生じるストレスと緊張です。とある実験によって、運転者が時速30~40kmのスピートで運転をしている時でも最高血圧が25mmHgも上昇するデータや、時速60~80kmでスローラム走行時には最高血圧が43mmHg上昇します。正常な血圧の方でも運転時は神経過敏により、運転時には高血圧になりやすく、心筋梗塞などの重病にかかる可能性も高いです。特に速いスピードでの運転や乱暴な運転をするほど血圧が高くなる傾向があります。血圧が高めの人や緊張をしやすい人は次の5つのポイントを心がけましょう。

1.血圧管理を毎日する
2.ドライブ中はこまめに休憩を取り、ストレス解消をする
3.危険運転をしない
4.他の車に対して、ゆとりある運転を行う
5.運転後には必ず心身の緊張をほぐし、ストレス解消を行う。

まとめとして、今回は運転手がなりやすい高血圧の実態について解説しました。今回の記事が参考になれば幸いです。

おすすめ記事