タクシー運転手には必須!深視力について解説

タクシー運転手には必須!深視力について解説

横浜のタクシー運転手になりたい方はたくさんいるでしょう。ただ、タクシー運転手には深視力が重要になります。今回は、深視力の重要性、調べる方法について解説します。

まず、深視力とは遠近感や立体感などの動的な遠近感の判断能力のことです。この能力はタクシー運転手には必須で、深視力がない人が車の運転をすると、物と車との車間距離がうまくつかめず、事故率が高くなります。このため、深視力はタクシー運転手にとって重要な能力の1つといえるでしょう。次に、深視力を調べる方法について解説します。深視力を調べるには、さんかん試験でしかわかりません。さんかん試験は、中央の移動棒が両側の棒と同じ位置にきた時にスイッチを押す試験です。3回行い平均誤差が20㎜以下であれば、十分な深視力を持つことを証明できます。この基準に達していなければ、二種免許を取得することができません。二種免許の試験でもさんかん試験は行われ、その先の試験も受験不可になります。深視力が悪い方はメガネをかけたり、融像性内寄せ練習方法や眼球運動などのトレーニングで深視力を上げていきましょう。

まとめとして、今回は深視力について解説しました。今回の記事が参考になれば幸いです。

おすすめ記事