タクシー運転手には必須!二種免許について解説

横浜のタクシー運転手になりたい方はたくさんいるでしょう。ただし、タクシー運転手になるには、二種免許を取得する必要があります。今回は、二種免許の取得や受験資格、取得の流れ、取得期間と金額について解説します。

まず二種免許の取得は、普通車の運転教習よりもレベルが高い知識と技術が身につけるもので、タクシー運転手にはもってこいです。必ず取得しましょう。次に受験資格は、21歳以上で第一種免許取得から3年経過していることが挙げられます。ただし、免許取り消し期間は含みません。そして取得の流れとしては、まず「適性試験→技能試験→学科試験」という順番で受験をします。これらの試験に合格した後、応急救護処置講習と旅客者講習を受講することで、二種免許取得となるのです。最後に、取得期間と金額について解説します。これは入社してから取得するか、入社する前に取得するか、どちらの方法を取るかで大きく変わります。入社してから取得する場合、タクシー会社には付属の教習所があるため、費用は全負担がほとんどです。入社する前に取得する場合、タクシー会社からの支援もないため、費用は自己負担となります。だいたい220,000円~250,000円前後を見ておきましょう。期間は、どの教習所も同じで通い教習ならば7~8日、合宿教習ならば10日になります。

まとめとして、今回は二種免許について解説しました。今回の記事が参考になれば幸いです