仕事に支障をきたさないタクシー運転手の飲酒基準を解説

横浜のタクシー運転手になりたい方はたくさんいるでしょう。ただ、タクシー運転手は乗客の安全を担う仕事のため、深酒をして仕事にトラブルを持ちこむことはだめです。であれば、どれくらいの飲酒量なら翌日の業務に問題がないのでしょうか。今回はタクシー運転手の飲酒基準についての解説です。

まず、タクシー会社は運転手に対して呼気中のアルコール濃度を測ることが法律によって義務付けられています。
本来、道路交通法における酒気帯び運転は、血中アルコール濃度0.3mg/ml・呼気アルコール濃度0.15mg/Lが基準になります。ただし、タクシー会社では少しでもアルコールが検出されれば運転はできません。このため、日ごろからお酒をあまり飲まない方が良いと言えるでしょう。しかし、お酒好きな方はどれくらいまで飲めば翌日の仕事に支障をきたさないか、気になると思います。アルコールが体から抜ける時間はお酒の量や個人差があるため、断言できません。下記の計算例を参考にしてみてください。

・体重68kgの方の場合、缶チューハイ1本(350ml)分のアルコールが体から抜けるまで約2時間
・日本酒は1合(180ml)で3時間、2合で6時間
・ワインはワイングラス1杯(120ml)で3時間、2杯で6時間

まとめとして、今回はタクシー運転手の飲酒基準について解説しました。今回の記事が参考になれば幸いです。

おすすめ記事